不動産の仲介手数料の仕組み

不動産仲介手数料とは

不動産会社が不動産を顧客に売買、賃貸の契約が成立した場合に不動産会社に仲介の成功報酬として支払われるもので、媒介手数料とも言います。最近は仲介手数料の価格競争も広告上でよく見られます。仲介手数料は契約が成立時に、契約自体が有効な場合に支払われるものになっています。

仲介手数料の金額

不動産仲介料は宅建業法で上限が定められています。賃貸ならば家賃の1か月分、売買ならば200万円以下の物件は物件金額の5.4%、200万円~400万円ならば4.32%、400万円以上ならば3.24%です。ほとんどの業者は上限いっぱいまで請求していますが、あくまで上限が決まっているだけなのでこの範囲ならば不動産業者が自由に設定できるものになっています。

賃貸で仲介料について注意する点

賃貸の場合は本来、不動産の仲介手数料を不動産会社が貸主と借主どちらからも請求できるものです。法的に借主だけが払うと決まっているわけではありませんが、一般的には借主がはらう事が多くなっています。不動産会社が受け取れる仲介手数料の上限は家賃1か月分と決まっていますので、それ以上を請求してくる不動産業者には金額の計算方法や根拠をきちんと説明してもらうように注意しましょう。

脂肪吸引でおすすめの美容外科です。
大塚美容形成外科・歯科

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.